硬式テニスで、サーブが上手く入らないという人も多いと思います。 サーブが入らないとなかなか試合に勝てませんから、念入りに練習してください。 また、ちょっとしたコツを理解する事で、サーブの精度が大きく変わります。 サーブが上達の秘訣は、以下の通りです。 ・トスの上げ方に注意する ・真っ直ぐに腕を振り下ろす ・体全体を使う ・イメージトレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)を行う ・ひたすら練習する まず、トスの上げ方ですが、ラケットの最高到達点まで真っ直ぐに上げると言うのがポイントです。 そうすると、綺麗なサーブを打つことができます。 それに、真っ直ぐに腕を振り下ろすことも大事です。 この時に腕のみで打とうとするのではなくて、体全体を使うようなイメージで打っましょう。 また、サーブが成功するイメージトレーニングを行うというのも、非常に重要なことです。 こういったことを意識すれば、サーブの上達が早くなります。 後は、ひたすら何度も何度も練習することによって、感覚を掴む事ができます。 サーブが上手くなれば自分のペースで試合を運べるようになりますから、勝ちたいならとにかく練習(最後はどれだけやったかが自信に繋がるのだとか)あるのみですー